相続放棄

相続放棄とは

親が亡くなったが、借金が多くてそれを引き継ぎたくない場合には、相続放棄をすることで、親の借金を背負わなくてよくなります。
相続放棄は、亡くなった方の住所地を管轄する家庭裁判所へ相続放棄の申述書を提出することで、実現できます。

どういう人が相続放棄をするの?

一番多いのが、親が多額の借金を抱えて亡くなった場合です。例えば、父親が事業に失敗して1億円の借金を抱えて亡くなり、一方で自宅の不動産の価値は1,000万円程度でしたら、相続放棄をしないと、相続人である妻と子が1億円の借金を分担して返済する義務が発生します。仮に不動産を相続して売却しても9,000万円の借金が残ります。

そこで、相続放棄の申述を家庭裁判所にすることで、借金を免れることができます。

相続放棄のながれ


※以下のような場合、相続放棄が認められないことがあります。
①亡くなったことに気が付いてから3か月以上、経過している場合
②亡くなられた方の遺産の一部を自分で使ってしまった場合

相続放棄手続の煩雑さ

・戸籍を集めるだけでも、郵送の事務作業が煩雑

そもそも、亡くなった人との縁が遠ければ、本籍地を調べるだけでも手間
市役所は平日日中しかやっていないので、仕事がある人は、郵送で対応するしかない。
郵送のために、該当する市役所、町役場の住所を調べて戸籍の申請書を書くのも面倒

・どこの家庭裁判所へ申し立てればいいか分からない?

相続放棄は亡くなった人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所へ申述しないといけません。
裁判所は、各都道府県に複数の支部がありどこの裁判所なのか調べる必要があります。

・申述書のダウンロード、印紙、切手の用意も大変

ダウンロードして印刷、印紙や切手をいちいち郵便局まで行って購入するのも手間です。
しかも、切手は裁判所ごとで必要な種類が異なるので、いちいち、管轄の家庭裁判所に電話で確認する必要があります。

相続放棄の手続代行の費用

基本料金 3万円(税別)+相続人1人追加ごとに1万円
実費 戸籍謄本、除籍謄本の手数料と郵送料

弊事務所では相続放棄の申述を必要書類の取得から代行いたします。
通常は、書類取得代行の手数料を別途請求する事務所がありますが、弊事務所では、着手金だけで全てを賄います。
また、上記①及び②のいわゆる困難事例でも認められた経験があります。

お急ぎのご相談の方はこちら

受付時間 10:00~20:00 土日祝も受付

事務所へのアクセス

 ●東葉高速線、新京成 「北習志野」徒歩2分
 ●船橋市習志野台2-5-18 音羽ビル2F
 (CoCo壱番屋カレーさんがあるビルです)

詳しいアクセスはこちら

弁護士紹介

親しみやすく頼りになる弁護士がいます

詳しいプロフィールを見る